トロンボキサン

トロンボキサンはアラキドン酸から合成

脳の働きに関係すると言われてるアラキドン酸が細胞膜内でホスホリパーゼA2に刺激されてリン脂質から遊離されると、アラキドン酸カスケードと呼ばれる代謝サークルが即行でスタートします。
その流れはシクロオキシゲナーゼサークル(COX)とリポキシゲナーゼサークルであり、いずれも免疫機能と深く関わって炎症による諸症状を引き起こしますが、COXはアトピー性皮膚炎などのアレルギー反応や活性化酸素の要因として血小板や肺などで活性化し、リポキシゲナーゼは気管支ぜんそくによる諸症状の要因となって白血球細胞内で活性化するという特徴をそれぞれ持っています。
これらのサークルから発生する物質を総称してエイコサノイドと呼びます。
COXの活性化によって遊離されたアラキドン酸からPGG2が合成され、PGH2を経てPGI2・PGE2・TXA2(トロンボキサン)が合成されます。

これらが生成されるために酵素が作用してPG群は動脈壁や肺組織で合成され、トロンボキサンは主に血小板と肺組織で合成されます。
トロンボキサンはアレルギー諸症状もですが血小板を凝固させる機能も合わせて持っています。
PG群から炎症を引き起こされる事からCOXサークルの活動を阻害する医薬品も製造されています。
非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)と呼ばれるものがそれです。

ステロイドと聞くとアトピー性皮膚炎に効果的な医薬品を連想する人が多いことでしょう。
頭痛薬などで知られるアスピリンはNSAIDsの一種ですからトロンボキサンを抑制して血液凝固を予防する機能をも持っています。
トロンボキサンだけを抑制させたいという場合はアスピリンの投与量が調節されます。
ただしNSAIDsには副作用がありますので担当医師と念入りに相談しながら、かつ経過を見ながらの服用が望ましいです。
さもないと胃腸障害や気管支ぜんそくの悪化または出血が止まらないといった症状に悩まされる事になりますから、気管支ぜんそくを既往症として持っている人は要注意です。