トロンボキサン

アラキドン酸とDHAの相乗効果

国民的TVメディアでDHAおよびEPAは認知症やアルツハイマー性認知症に絶大な効果を発揮すると報じていた事があります。
実際これらの成分には記憶力をアップさせる機能がある事が様々な研究結果で明らかにされました。
DHAもEPAも魚油に多く含まれている成分です。
地上に生息する動物の脂は悪玉コレステロールを増幅させ、生活習慣病を引き起こしやすい事が指摘されていますし、成人病の低年齢化が大きな社会問題ともなりました。
DHA・EPAを多く含む油は同じ油でも悪玉コレステロールを溶かして血液をさらさらにしてくれる効果があるのです。

非加熱での摂取がオススメです。
DHAやEPAは熱に弱く分解してしまいます。
とりわけEPAが加熱で喪失されてしまう事が明らかになっていますので、効果的に摂取したいのであれば刺身のような形で摂取するのが理想です。
これらの成分は不飽和脂肪酸の中のn-3系脂肪酸(αリノレン酸)に分類される成分です。
不飽和脂肪酸の特徴を一口で言えば常温で固まりにくい脂肪という事ができます。
二重結合という複雑な結合の方法で細胞膜を構成しています。

同様の特徴を持つ成分でN-6系脂肪酸(リノール酸)があります。
こちらはアラキドン酸を主要成分としているものです。
リノール酸もリノレン酸も細胞膜を構成しているものであり、記憶力を増幅させるなど重要な役割があるにも関わらず、体内での生成がほとんどなされません。
微量に肺や赤血球以外の血液細胞内では生成されますが、健全な再生機能を細胞自身が維持していくには不十分なために、食事から摂取するしかありません。
そのようなわけで必須脂肪酸に加えられています。

アラキドン酸は地上動物が普通に持っている脂肪酸ですが、そのようなわけでごく微量しか抽出されないために、研究が遅れてきてしまった現実があります。
近年の研究では記憶力以外に学習能力や心身の発育にも優れた効果がある事も明らかになった事から、特に乳幼児の健全な発育には欠かせない成分となっています。
乳幼児の場合は母乳から摂取できるのですが、高齢になってくるにつけ肉類の摂取が極端に減ってくる影響で、アラキドン酸不足傾向になりがちです。
記憶力向上から活動的かつ前向きな生き方ができるという事で、認知症予防への期待が高まっているものの、適量を得ようとするあまり過剰摂取してしまいがちになります。
アラキドン酸はアレルギー諸症状や発ガン性がある点なども指摘されている事から、DHA・EPAと並行して摂取する事により記憶力増進http://www.frontierelec.com/monowasure.htmlに努める事が推奨されています。