トロンボキサン

DHCのアラキドン酸

リノール酸を含んだ食品といえば、ごま油・ピーナッツ・くるみ・サラダ油などがあり、普通にキッチンで見かける事ができるものばかりです。
リノール酸の正式名称はn-6系不飽和脂肪酸で、大元は多価不飽和脂肪酸です。
脂肪酸を炭素分子間でα結合された脂質とπ結合された脂質との二重結合からなっているものをいくつも持っている物質です。
これ以上は専門的になってしまうので省略しますが、人間が食事で摂取することが推奨されている栄養素の1つ脂肪酸の仲間です。

このリノール酸を体内に取り込むとαリノレン酸に変わり、そこからさらにアラキドン酸に変わります。
アラキドン酸は肉類や卵・牛乳・魚介類からも摂取する事ができます
近年の研究で記憶力や学習力向上に大きな貢献をするという事が明らかになって以来、熱心に研究されてきました。
国際食品基準委員会で調整用ミルクにもアラキドン酸を配合されるべきと決議されてからは、複数のサプリメント業者や医薬品会社でアラキドン酸配合の製品が数多く市販されてきました。
推奨派の研究者だけではなく、アンチアラキドン酸の研究者からも注目されており、未だに賛否両論分かれる見解がネット上でも氾濫している事から、アラキドン酸単体での健康食品販売を控える店舗や業者も少なくありません。

肉をもっと食べるべきと頭ではわかっているが嗜好や健康上の問題から摂取を控えているという人でも、サプリメントでの摂取は可能です。
手軽な価格でサプリメントを試せると言うことで人気のDHCで探してみると、アラキドン酸と並行してアラキサン酸サプリの服用を推奨されているDHA単体製品を見つける事ができます。
アラキドン酸との飲み合わせが最良という事で定評があり、指摘されているような難点も相互作用でクリアできる成分です。
DHAはn3系ですからアラキドン酸に変わる事はないのですが、普通の食事だけでは十分な補給ができないといった点もDHAならカバーしてくれます。