トロンボキサン

EPAとアラキドン酸

人が健全で基本的な生活を送るために必ず摂取しなければならないとされる不飽和脂肪酸は、α群からπ群までの脂肪酸の結合がはてしなく長く続く構造になっています。
脂肪酸と脂肪酸をつないでいるのが炭素(C)で、二重構造になっています。
そして不飽和脂肪酸には一価性のオレイン酸と多価性であるn3系脂肪酸(リノレン酸・w3脂肪酸)、およびn6系脂肪酸(リノール酸・w6系脂肪酸)とが含まれており、これら2つは特有の代謝組織を持っています。
前者は二重結合の不飽和脂肪酸が1つだけの構造なのに対して、後者は多価性であり二重結合の不飽和脂肪酸をいくつも持っています。

一番大きな違いは体内で合成されるかどうかと言う事だけです。
一価性は体内で合成されますが多価性は自力での合成は難しいので他の食材から取入れていくしかありません。
n6系からはアラキドン酸がn3系からはEPAが合成され、EPAからDHAが生成されます。
それぞれに特有の代謝サイクルを持っているにもかかわらず、最終的にはほぼ同じ物質が生成されていきます。

すなわちPGI2、LTB4、TXA2といった炎症諸症状を司る物質が生成されるのですが、同じ物質をDHAでも生成しています。
これらはエコノイドと呼ばれています。
ところが一見同じエコノイドと思えるのですが、実際はお互いに抑制しあって共存しているのです。
アラキドン酸の恩恵にあずかって末永く若々しさを維持したいが過剰摂取からくる健康トラブルを小さくしたいなら、アラキドン酸とEPA・DHAとの両方を摂取すれば良いのです。

お互いのいいどころ取りをしながら体内を健やかにしてくれます。
アラキドン酸はオメガ6脂肪酸、EPA・DHAはオメガ3脂肪酸という呼ばれ方もします。
難点は酸化しやすい事です。
これを防ぎ活性化酸素の発生を阻止するために、ビタミンCやポリフェノールなどの抗酸化機能に優れた食材をも合わせて、日頃の食事に加える事が推奨されています。
オメガ6脂肪酸が世の注目を集めるようになったのは、記憶力など脳機能の活性化や細胞のタウンオーバーを促進させるのに効果的であるという結果が、様々な研究から導き出された上にアラキドン酸にも同様の効果があると立証されたからです。