トロンボキサン

魚からアラキドン酸を摂るメリット

アラキドン酸は全身の細胞膜を構成する重要な成分であり、ガン治療の研究にも重要な役割を果たしている一方で、アレルギー諸症状や気管支ぜんそくの悪化といった重篤な健康問題を引き起こす要因も指摘されています。
主に地上生物である動物性脂肪から微量しか抽出できないゆえに、適量補給しようと思うなら過剰摂取となりかねません。
実際に牛乳や欧米食が推奨されてきた結果、10代の青少年にまで成人病や生活習慣病およびアレルギー諸症状が蔓延してしまうといった社会問題を引き起こしてしまいました。
摂取適量を維持していく事が大変難解な成分なので、アラキドン酸の最大効力である記憶力・学習力・発育機能を十分に実感できるような摂取をしていくのにも努力と工夫を要する現実があるのです。

粉ミルクなどの製品ではポピュラーに混合されるようにはなりましたが、健康増進のためにアラキドン酸を積極的に取入れていくためには研究がさらに必要となります。
動物性脂肪やサラダ油などにアラキドン酸が多く含有されているという理解が近年では一般的です。
実際に栄養学的な見解で見ていくと、むしろ魚介類の中に多くアラキドン酸を見つける事ができます。
その割合は肉類の3倍以上ですから肉よりも魚介類を中心にした食生活にした方が、十分にアラキドン酸を摂取できるのは明らかです。

魚介類といって思い出されるのはDHAやRPAです。
これらは記憶力増進や認知症予防に優れた効果を発揮するだけではなく、脂肪燃焼や若々しい活力の促進にも繋がっていくので、アラキドン酸と合わせて食事に取入れてゆく事で強力に健康を増資させる事ができます。
アラキドン酸もDHA・EPAも必須脂肪酸に数えられている事からもわかるように、健全な体を維持していくためには必要不可欠なのです。
加齢と共に食事量も細くなっていきますから、アラキドン酸不足をカバーするためにサプリメントでの補給が推奨されてはいますが、ホームドクターに相談しながら上手に生活に取入れていくようにしてください。