トロンボキサン

LDLとアラキドン酸

健康的で活力に満ちた生活を送るために絶対不可欠なのは糖質・タンパク質・脂質の3つであると言われています。
どの栄養素もエネルギーに変わり、1つ1つの細胞を構成し、時には命を維持していくためのパーツとして用いられます。
とりわけ脂質は細胞膜を構成する主要成分でありエネルギー源ともなる成分ですから、必須栄養素に数える事ができます。
その脂質をさらに分類すると中性脂肪とコレストロールとに分ける事ができます。

いずれも増えすぎると肥満や動脈硬化の要因となるので、完璧に取り除くべきものと思われがちですが、そうではなく悪玉と善玉とがあるのです。
動物・魚・卵・牛乳などはコレストロールや中性脂肪として代謝される一方、植物由来の油や脂肪は中性脂肪に変わります。
悪玉コレストロールはLDLと表記され善玉コレストロールはhdlと表記されます。
悪玉コレストロールであるLDLコレストロールはリノール酸が豊富に含まれていて酸化しやすいのですが、善玉コレストロールなるHDLコレストロールにはリノレン酸やDHAやEPAが含まれています。

悪玉コレストロールは代謝の過程で末端に蓄積して血栓や動脈硬化を引き起こしますが、善玉コレストロールは蓄積されたコレストロールを燃焼させて血液中を浄化します。
コレストロール全体では生理機能を活性化させるホルモンを生成させ、細胞膜の構成成分を生成させます。
中性脂肪はリノレン酸から生成されるアラキドン酸やEPAなどの不飽和脂肪酸に変化してエネルギー源に変わっていきます。
中性脂肪およびコレストロールは体内で合成されるのと同時に食事からも補給する事ができます。

代謝が追いつかずに過剰に蓄積された時に肥満や他の疾患を発生させます。
こうした悪循環を止める働きをするのがEPAです。
LDL自身はコレストロールを必要な体内の場所まで運ぶ役目を持っているので、一概に悪玉として排除すれば良いというものではありません。